PFP…?

LINEで送る
Pocket

TPPではありません(笑)。

頭文字で長い文字を略して表現する…まぁ昔からある表現方法ですが、たまに、これ何だ?っていうやつありますよね。

で、「PFP」。真っ先に思い浮かびそうなのが(自分調べ)、世界的ボクシング誌が始めたのがきっかけで、階級制がある格闘技の世界で「パウンド・フォー・パウンド」と言われるものですね。階級を超えて、どの選手が1番優れているかを決める時に用います。

ちなみに、ネットで検索したら…もっと色々なのが出てきますよ(笑)

今日の話はそれではなく。

「PFP」、自転車の世界でも使えそうです。ずっと思っていました。

「どうして、1番高い自転車が最高っていう風潮になるんだろう」「どうして有名ブランドばかりが比較の俎上に上るんだろう」

私が自転車の世界に飛び込んでから13年ちょっと。ずーっと変わってないような気がします。最近は少しずつ、考え方が多様化して、車種やブランドの好み、選び方も多様化してきたように思います。ですが、まだまだその考え方は浸透していないと思っています。まぁ、これは正直に言って、魅力的な選択肢をご提示出来ていない、私の様な販売する側の人間が悪いんですけどね。

もっとたくさんの選択肢があるのに。もっとたくさん素晴らしいバイクあるのに。もっとたくさんの楽しみ方があるのに。

で、朝起きてすぐに思い付きました。「PFP」、「プライス・フォー・パフォーマンス」!

…ん?それってただの費用対効果じゃないかって?

…………

言わないで!(笑)

あ、「WBL」は「With your Bicycle Life」、「Welcome to Bicycle Life」の略です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA