過去記事アーカイブ 「YOUの愛車拝見 vol.10」

LINEで送る
Pocket

現在、新しく書き溜めている新企画「YOUの愛車拝見」。おかげさまで、「自分のバイクで書いていいよ」と仰って下さる方が沢山。ありがたいことです。来年早々には続々アップしていきますので、もう少々お待ちください。

で、本日も過去記事からのアーカイブ。書いてた当時、左ヒザに炎症が発生してて、とんでもない大きさに腫れてました。医者からは絶対安静、出張なんかとんでもない(発症の翌日から佐世保に一週間出張の予定でした)、あんた死ぬよ…。まぁ色々言われたもんです。結局行きましたけどね(笑)。


なかなか上手くはいきません。イメージとしては、もう治ってるはずの蜂窩織炎。やっぱりそんなに早く治るはずないか(笑)。2回目だし(笑)。
俺って、もう若くはないんだな…(遠い目)

さてさて、そんなのはさておいて。
本日もいきますよ〜。
「YOUの愛車拝見」でぃす。今回で10回目。
そんな節目のゲストは、この方。
じゃじゃん。

 

LAPIERRE(ラピエール) アウダシオ200L

某自転車ショップで働くお姉さまのバイクです。いつもご主人さまやお子さんと一緒に楽しくライドしてます。走った先で食べる美味しいものが大好き。走らなくても美味しいものが大好き。自転車を眺めてるのも大好き。自分1人でメンテナンス出来るようになりた〜い、と、一生懸命勉強中な毎日。君なら出来るぞ〜(笑)

ラピエール、1946年創業のフランスの老舗メーカーです。日本での知名度は、他の超有名ブランドに比べれば、どちらかと言うと「知る人ぞ知る」というイメージでしょうか。近年、急激に知られるようになりました。創業から、長くフランス国内で展開していた堅実なメーカー。で、満を持して世界に飛び出したのが2000年代。元々、しっかりしたモノ造りをしていたメーカー。そして、シマノ社との親密な協力関係、そしてフランスのプロチームへの長きにわたる機材提供による技術研究とレース活動への貢献。その蓄積が世界市場に認められ、今に至ります。

日本では「ロードバイクのメーカー」というイメージが若干強いでしょうか。実は、クロスバイクやマウンテンバイクも豊富にラインナップしている、総合自転車メーカーなのです。ラピエールのマウンテンバイクをメンテを担当する事がありましたが、細部までしっかり作ってるなと好感が持てました。

アウダシオ200L
ラピエールにはウィメンズモデルもラインナップされています。これは、そのウィメンズモデルの中で、1番購入しやすいグレードです。
ラピエールというメーカー、全てのラインナップに言えることかもしれませんが、フレームにお金がかかっています。なので、このバイクも例に漏れず、パーツにしわ寄せがきてます。パーツがフレームに追いついていません。そのくらい、このフレームは良いです。理に適ったジオメトリー、それに伴う調和しやすい乗り味、難しいことを考えなくても楽しく乗れます。しかし、ロードバイクらしく速く遠くへ走りたいという要求にも素直に従ってくれる。
「一緒に行こうよ」と、自転車が言ってくれているようです。

このバイク、パーツをアップグレードしたら…大いに化けます。違う自転車に乗り換えたんじゃないかと錯覚するくらいに。じわじわ企んでる姉さま、楽しみですね。

さてさて、またしても文章が長くなってしまう当コーナー。エンジンがかかってきたかな?
バイク写真、大募集中です。是非、ご一報くださいませませ。

では…養生します(笑)


…やっぱり元気が一番ですな(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください