自転車に振り回される日々

LINEで送る
Pocket

自転車が本当に細かなパーツ・部品の集合体であることは、もう何度もお話したと思います。
規格の問題などで取り付けることが出来ない、組み合わせられないパーツなどもありますが、そこがクリアであれば、組み合わせは人の数ほど存在します。

車輪_中央1
色んなパーツがありますよ。
メカニックは、普段バラさない箇所までバラすこともあります。
確かに、完成車と言われる自転車として完成している物が主ですが、その完成車を組み立てる作業を始め、完成車のパーツを交換したり新たなパーツを取り付けたり、様々なパーツを組み合わせ1から自転車を作っていくこともあります。

車輪_中央
当然パーツの精度もありますし、個体差もあります。
そして、自転車とパーツ、またはパーツ同士の相性ってのもあります。

チェーン_ギア
色々いるんですよ〜…素直に動いてくれるパーツとか、若干へそ曲がりな奴もいますね。
で、パーツ同士の仲が悪いとか、逆にとんでもないシンクロを見せるパーツ相性とか。
極端な話ですが、使い方などがその人に合っていない・規格が合ってない・その使い方が危険である、といった理由以外ならば、基本的には…とりあえずやってみます。ごくたまに上手くいかないこともありますが(笑)、完成形や取り付けた時、そして作業工程の組み立てを頭の中で行い、取り組んでいます。

正直面倒です。1台に向き合う時間も気力も計り知れないです。
でも、頑張れるんですよね。
このパーツはどんな動きをしてくれるか、どんな相性を見せるか、へそ曲がりをどうやってきちんと動くようにするか(笑)、全部メカニックの腕の見せどころ。

そして、送り出す自転車の全てに対して何かしらの感情を込めてます。

そんな日常のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA