理屈じゃない

LINEで送る
Pocket

先日ちょっとだけ載せたファットバイク、ものすごく反響があったので…今日はもう少しご紹介しようと思います。

キャノンデール  FAT CAAD 2(税込¥205,200)

ファットバイクは、元々雪道や砂浜を走破するために考えられたものです。そして、ある程度の浅さであれば水の中までも走れます。

起源はやっぱり北米。こういうのを発想させたら、やっぱり北米人はすごい(笑)。冬に大雪となる地方で、雪上を走れる自転車を…と考えられたものです。え?じゃあ日本じゃ使わないだろって?だから、自転車選びは理屈じゃないんですよ〜。

ふわふわした独特の浮揚感、そして走行感は、低圧かつ極太のタイヤが演出します。

FAT CAAD2のリムは「SUN ringle」製。MTB中心の定評のあるパーツブランドです。注意シールも貼られていますが、構造上MAX空気圧は1.03気圧。ちなみにロードバイクによく使われるタイヤの適正空気圧は7.5気圧前後。

前後共にスルーアクスルでホイール固定します。扱い方はそこまで難しくありません。

FAT CAAD2のブレーキは、SRAM油圧ディスク。このレベルのブレーキじゃないと雪上で止まれません(笑)。

フロントはナローワイドシングル、これにリア11-46Tのスプロケットを組み合わせています。1番軽いギア比は0.65。平地で漕ぐと全然進まない(笑)

このバイク、もしかしてフロントダブルに改造出来るのかな?と思わせる装備も。面白い。

世の中には、面白いものが本当にたくさんあるものです。自転車選びやパーツ選びも、機能だけじゃなくカッコよさなどの「理屈じゃない」琴線に触れる部分ってありますから。

自分もこのバイクを見ながら、視野を狭くすることなく、たくさんの視点を持っておきたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください