「他店購入バイクお持ち込み大歓迎」ということ (第2回)

LINEで送る
Pocket

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、サイクルショップWBLは「他店購入バイクのお持ち込みを大歓迎」しています。パンク修理や点検、大きなパーツ交換もオーバーホールも。私が出来ることであれば、全て承ります。

時には、様々な理由で承ることのできない状況もあります。

自店に取り扱いが無い純正パーツのご準備、私自身の力不足による修理不可能な状態…など。日々研鑽を重ねておりますが、それでも自身の力不足をお伝えするのは恥ずかしいことです。偉そうに自転車屋を名乗っているのに、どうして出来ない修理があるのか。ですが、闇雲に、自信もないのに、逆に己を過信してお受けして、結果壊してしまう。そっちの方がダメなことです。

修理を実施するにあたり、そのリスクもお伝えします。修理を始めてから気付くことも多々あります。このパーツが壊れていた、このパーツはもう寿命がきている、当初のお見積金額より高くなってしまいそうだ…などなど。場合によっては、説明が長い、回りくどい、そんなことを言われることもあります。

自転車に対しても、お持ち込みになられたお客様に対しても、常に誠実でありたい。メリットばかりを並べ立てる人間にはなりたくない。常にそう思っています。それで、お前は不器用だと言われても、それはむしろ本望です。

私がお持ち込みバイクを、大きな責任と、絶対修理してやるんだという想いをもって、お預かりいています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA